省エネの教科書とは

ピークカットとは?ピークシフトとは?【図解でわかりやすく解説】


Summary (ピークカットとは?ピークシフトとは?)

 
● ピークカットは、使用量が多い時間の電気使用量を削減することで、
 電気の基本料金を削減する方法。
● ピークシフトは、使用量が少ない時間に貯めておいた電気を
 使用量が多い時間帯に使用することで、電気の基本料金を削減する方法。
● どちらも、蓄電池や太陽光発電を導入することで実現できます。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年6月3日:2022年の最新情報に更新しました。

特に2021年後半から、高騰が続いている電気料金。
ロシアによるウクライナ侵攻などからも、今後より高騰されることが懸念されています。

電気料金の削減に有効な手段のひとつとして ピークカットピークシフト があります。

このページでは、 ピークカットピークシフト について、
それぞれの意味や効果、さらに導入方法について、分かりやすく解説してまいります。

続きを読む

【2022年最新】LPガス発電機とは?BCPや省エネで注目される理由


Summary (LPガス発電機とは?)

 
● LPガスを燃料として電気を創る発電機。
● ガスの配管などを使用しないので、災害時に止まりにくい。
● 燃料が劣化しないので、保管に向いている。
● 上記の点から、災害用の非常用電源として注目されています。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年6月2日:2022年の最新情報に更新しました。

自然災害が頻発している中、停電時の非常用電源が注目されています。

非常用電源といえば蓄電池などが真っ先に頭に浮かびますが、
近年「LPガス発電機」が、BCP対策 や省エネの観点から注目を集めています。

「いまさらガス?」
というイメージもあるLPガスですが、実は「災害に強い」特徴から
近年、再評価され始めています

「LPガス発電機って具体的にどういいの?」
「どんなことができるの?」
「コストとしてはどうなの?」
「どうやって省エネに繋げるの?」

この記事では、そのような疑問にお応えすべく、わかりやすく解説していきます。

ぜひ御社の省エネにお役立てください。

続きを読む

【令和4年最新版】「GHP」や「LPガス発電機」に使える補助金


Summary (本記事の概要)

 
● LPガス発電機やGHP導入に使用できる補助金制度について解説しています。
● ご紹介しているのは、令和3年度補正予算/令和4年度予算になります。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年6月2日:2022年の最新の補助金情報に更新しました。

台風や豪雨による被害は2018年から毎年頻発しており、
近年は特に災害に対する BCP対策 への注目が集まっています。

その中で近年では、LPガス を非常用電源やGHP(ガスヒートポンプ)に
活用する手法が注目されています

省エネや BCP対策 に効果的な LPガス ですが、
「導入コストが高い」点がデメリットです。

そこで今回の記事では、LPガス を使った非常用電源や、GHP(ガスヒートポンプ)導入に使える
補助金制度」について詳しく解説いたします。

LPガス を使って省エネや BCP対策 を行うことをご検討の際には、
ぜひこの情報をお役立てください。

続きを読む

【2022年最新版】GHP(ガスヒートポンプ)とは? メリット・デメリット・補助金


Summary (GHPとは?)

 
● ガスを燃料として動く空調機器のこと。
● 災害時に配管や電線の途絶が起こりにくく、燃料が劣化しないため
 災害時にも使用できる空調機器として注目され始めています。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年6月1日:2022年の最新情報・最新の補助金情報に更新しました。

この記事を読んでいる方は、
GHP(ガスヒートポンプ)について

「災害時にも役立つ空調」
「節電にもなる空調」

このような情報から
「より詳しく知りたい」と思われた方が多いのではないでしょうか?

GHP(ガスヒートポンプ)は、ガスエンジンで稼働する空調機器です。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
災害に強い」「節電になる」ことが主な特徴です。

しかしながら、メリットだけでなくデメリットもあります。

そして「税制優遇」や「補助金」を受けることもできます

この記事では、GHP(ガスヒートポンプ)の基礎知識から、
メリット・デメリット、税制優遇や補助金までわかりやすく解説して行きます。

ぜひ御社の BCP対策 や省エネにお役立てください。

続きを読む

【2022年最新版】 自家消費型太陽光発電とは?3つのメリットとPPA

自家消費型太陽光発電とは?


Summary (自家消費型太陽光発電とは?)

 
● 自分が使用する為に発電させる太陽光発電設備のこと。
●「CO2 削減」「電気料金削減」「非常用電源」を同時に実現できる。
● 現状では自社所有モデルとオンサイトPPAが主流。
● 補助金制度や税制優遇制度がある。
● 発電所の設計が目的によって異なる点には、注意が必要。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年5月24日:2022年の最新情報に更新しました。

2020年10月の「2050年 カーボンニュートラル 宣言」から
日本国内でもCO2削減へ多くの企業が動き始めており
自家消費型太陽光発電」が注目されています。

さらに2022年からは「燃料価格の高騰」や「ウクライナ情勢の悪化」から
電気料金の値上がり」も懸念されており、

「電気料金の削減」という観点でも
自家消費型太陽光発電」への注目がさらに高まっています。

この記事では「2022年の最新情勢」を元に「自家消費型太陽光発電」について
下記のようなことを解説していきます。

「自家消費型太陽光発電ってどんなしくみ?」
「CO2削減にどれほどのインパクトがあるの?」
「電気料金はこれからどうなるの?」
「自社所有とPPAモデルどちらがいいの?」

御社の「自家消費型太陽光発電」検討の参考資料としてお役立てください。

続きを読む

【2022年最新】オフサイトPPAとは?自己託送とは?徹底解説


Summary (オフサイトPPAとは?自己託送とは?)

 
● オフサイトPPAとは、自社の敷地外に他社所有の発電所を設置し
 そこで発電する電気を購入する手法です。
● 自己託送とは、自社の敷地外に自社の発電所を設置し
 そこで発電する電気を購入する手法です。
● 実際には、細かな特徴の違いなどもありますので記事内で解説していきます。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年5月19日 最新情報に更新しました。

CO2削減が叫ばれる中、自家消費目的で太陽光発電の導入を検討する企業が増えています。

など、自家消費向けの太陽光発電にもさまざまなモデルがあり

「何がどう違うの?」
「結局自社にはどれが最適なのか?」

等、お困りの方も多いのではないでしょうか?
この記事では、自家消費目的の太陽光発電の代表的な導入方法「5つのモデル」について
わかりやすく丁寧にポイントを解説して行きます。

ぜひ御社の太陽光発電導入の参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

【2022年最新】企業の「脱炭素/CO2削減」方法14選


Summary (本記事の概要)

 
● 企業のCO2削減方法として、14の代表的な方法をご紹介します。
● 「再エネ導入」「省エネでCO2削減」「カーボン オフセット」
 の3つの分類に分けてご紹介します。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年5月16日 最新情報に更新しました。

2020年10月の菅総理による「2050年カーボンニュートラル宣言」から、
2021年5月には「改正温対法」が成立するなど、
日本国内でも「脱炭素」を企業に求める流れが急加速しています

SDGs」や「RE100」等、
CO2削減/脱炭素」は以前から国際社会においては重要視されていましたが

「日本はまだそこまで関係ないだろう」
「中小企業にはまだ影響はないだろう」

と考えていた方も多かったのではないでしょうか?

いよいよ他人ごとでは無くなってきた「企業のCO2削減」

「具体的に何をすればいいのか分からない」
「お金をかけずにやれる方法はないの?」

そのように迷われている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな企業のCO2削減方法について、具体的な方法14選をご紹介します。
ぜひ御社の脱炭素施策にお役立てください。

続きを読む

【2022年最新】工場の省エネ・CO2削減方法【58選】


Summary (本記事の概要)

 
● 工場のCO2削減方法として、58の代表的な方法をご紹介します。
● 「再エネ導入」や、工場内の各設備ごとの省エネ対策をご紹介しています。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年5月13日 最新情報に更新しました。
 
工場の経費節減において「省エネ」は重要なテーマです。

更に加えて近年では、菅首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」から
日本国内でもCO2削減」への取組みも急務になっています

「省エネやCO2削減って、何からやればいいの?」
「具体的な削減効果や費用対効果を知りたい」

と考えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

●省エネ・CO2削減の方法を「58選」として幅広くご紹介
●さらに「削減金額」「CO2削減量」の目安もご紹介

幅広い施策をご紹介していますので、
対策し切れていないものも見つかるかと思います

ぜひ御社の省エネ・CO2削減施策にお役立てください。

続きを読む

【2022年最新】太陽光発電「メンテナンス会社選びのコツ」


Summary (本記事の概要)

 
● 太陽光発電のメンテナンスを行う会社を選ぶにあたって
 特に確認すべきポイントをご紹介しています。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年5月13日 最新情報に更新しました。

この記事をご覧いただいている方は
太陽光のメンテナンス会社を探したい」と思っている方がほとんどだと思います。

「新しい発電所のメンテナンス会社を探している」
「自分でやっているが辛くなってきた」

という方もいらっしゃるかと思いますが、

今の業者ではなく、別のところにお願いしたい

という方も、実は多くいらっしゃるのではないかと思います。

なぜ「今のメンテナンス会社を変えたい」と思うようになったのでしょうか?

メンテナンス会社をあまり精査せずに選んでしまった事も原因のひとつかもしれません。

メンテナンス会社を変えたい方
新しい発電所のメンテナンス会社を探している方
自分でやっていたが大変になってしまった方

この記事では、そうした方にもお分かりいただけるよう、
太陽光発電所のメンテナンス会社の選び方のコツ
を分かりやすく解説していきます。

ぜひメンテナンス会社選びの参考にお役立てください。

※「義務化されている内容」等の基本情報については、こちらの記事をご参照ください。
【2022年最新】太陽光発電メンテナンス[義務化の内容と費用]

続きを読む

【2022年最新】太陽光発電メンテナンス[義務化の内容と費用]


Summary (本記事の概要)

 
● 太陽光発電メンテナンスは2017年から義務化されており、
 怠った場合には罰則のリスクも。
● 義務化された基準はガイドラインを参考にする。
● 本記事ではガイドラインの内容を分かりやすく要約してご紹介。
● メンテナンス費用の相場を、発電所の規模ごとにご紹介。
 
                  ・・・詳細は本編へお進みください。
 

※2022年5月13日 最新情報に更新しました。

太陽光発電所のメンテナンスについて調べている方は、

「メンテナンスって本当に必要なの?」
「やってないけど大丈夫かな?」
「”義務化”ってどこまでやらなければいけないの?」
「メンテナンスを外注しているけど、費用が勿体ない。本当に必要?」
「自分でできないだろうか?」

このようにお考えではないでしょうか?

「義務化」されている内容も
最新のガイドラインでは非常に細かな内容になっています。

本記事では、2022年5月時点の最新のガイドラインを紹介しながら
その疑問にひとつひとつお応えして行きます。

本サイトは企業向けの情報サイトですが、
住宅用太陽光発電でもお役に立てる内容になっています。
住宅用のメンテナンスについて知りたい方もご参照ください。

続きを読む