省エネの教科書とは

サプライチェーン排出量とは?スコープ1,スコープ2,スコープ3の解説

2050年カーボンニュートラル宣言」から、
日本国内にも「CO2削減」の流れが強まっています。

その中で、自社の排出量だけでなくサプライチェーン全体を対象とした

が削減の範囲として着目されています。

さらに「サプライチェーン排出量」は「スコープ1,スコープ2,スコープ3」等の
分類にも分かれています。

本記事では、この「サプライチェーン排出量」について
分類なども含め、分かりやすく解説して行きます。

続きを読む

【2021年最新】工場の省エネ・CO2削減方法【58選】

工場の経費節減において「省エネ」は重要なテーマです。

更に加えて近年では、菅首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」から
日本国内でもCO2削減」への取組みも急務になっています

「省エネやCO2削減って、何からやればいいの?」
「具体的な削減効果や費用対効果を知りたい」

と考えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

●省エネ・CO2削減の方法を「58選」として幅広くご紹介
●さらに「削減金額」「CO2削減量」の目安もご紹介

幅広い施策をご紹介していますので、
対策し切れていないものも見つかるかと思います

ぜひ御社の省エネ・CO2削減施策にお役立てください。

続きを読む

【2021年最新】企業の「脱炭素/CO2削減」方法14選

2020年10月の菅総理による「2050年カーボンニュートラル宣言」から、
2021年5月には「改正温対法」が成立するなど、
日本国内でも「脱炭素」を企業に求める流れが急加速しています

SDGs」や「RE100」等、
CO2削減/脱炭素」は以前から国際社会においては重要視されていましたが

「日本はまだそこまで関係ないだろう」
「中小企業にはまだ影響はないだろう」

と考えていた方も多かったのではないでしょうか?

いよいよ他人ごとでは無くなってきた「企業のCO2削減」

「具体的に何をすればいいのか分からない」
「お金をかけずにやれる方法はないの?」

そのように迷われている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな企業のCO2削減方法について、具体的な方法14選をご紹介します。
ぜひ御社の脱炭素施策にお役立てください。

続きを読む

【2021年最新】太陽光発電メンテナンス[義務化の内容と費用]

太陽光発電所のメンテナンスについて調べている方は、

「メンテナンスって本当に必要なの?」
「やってないけど大丈夫かな?」
「”義務化”ってどこまでやらなければいけないの?」
「メンテナンスを外注しているけど、費用が勿体ない。本当に必要?」
「自分でできないだろうか?」

このようにお考えではないでしょうか?

「義務化」されている内容も
最新のガイドラインでは非常に細かな内容になっています。

本記事では、2021年6月時点の最新のガイドラインを紹介しながら
その疑問にひとつひとつお応えして行きます。

本サイトは企業向けの情報サイトですが、
住宅用太陽光発電でもお役に立てる内容になっています。
住宅用のメンテナンスについて知りたい方もご参照ください。

続きを読む

【2021年最新】太陽光発電「メンテナンス会社選びのコツ」

この記事をご覧いただいている方は
太陽光のメンテナンス会社を探したい」と思っている方がほとんどだと思います。

「新しい発電所のメンテナンス会社を探している」
「自分でやっているが辛くなってきた」

という方もいらっしゃるかと思いますが、

今の業者ではなく、別のところにお願いしたい

という方も、実は多くいらっしゃるのではないかと思います。

なぜ「今のメンテナンス会社を変えたい」と思うようになったのでしょうか?

メンテナンス会社をあまり精査せずに選んでしまった事も原因のひとつかもしれません。

メンテナンス会社を変えたい方
新しい発電所のメンテナンス会社を探している方
自分でやっていたが大変になってしまった方

この記事では、そうした方にもお分かりいただけるよう、
太陽光発電所のメンテナンス会社の選び方のコツ
を分かりやすく解説していきます。

ぜひメンテナンス会社選びの参考にお役立てください。

※「義務化されている内容」等の基本情報については、こちらの記事をご参照ください。
【2021年最新】太陽光発電メンテナンス[義務化の内容と費用]

続きを読む

【2021年最新】太陽光発電所の売却「相場」と「高く売るコツ」

※2021年5月26日:2021年の最新情報に更新しました。

「太陽光発電を売るためにはどんな方法がある?」
「自分の発電所はいくらで売れるんだろう・・・?」
「太陽光発電はどうすれば高く売れる?」

この記事をお読みいただいている皆様は、このような疑問をお持ちではないでしょうか?

2021年現在はコロナ禍の影響もあり、投資物件として太陽光発電が再注目されています。
また資金調達目的の方や、減価償却の目的を果たした方が売却を考え始めたことから
セカンダリ市場は近年活性化しています。

「売るかどうか分からないけど、自分の発電所がいくらになるのか気になる」

という方もいらっしゃるかと思います。

◎この記事では、このような内容をご紹介しています。

 
 1.太陽光発電の売却方法
 2.売却相場を調べる簡易査定システム
 3.高値で売却するためのコツ

売却をご検討の際にはぜひお役立てください。

続きを読む

【令和3年版】中小企業経営強化税制による太陽光発電の優遇措置を解説

※2021年4月23日:2021年の最新情報に更新しました。

太陽光発電の導入によって得られる支援政策の1つに、中小企業経営強化税制 が挙げられます。

企業の省エネや BCP対策 に大きく貢献する制度ですが、
中にはこの制度を正しく理解できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「そもそも 中小企業経営強化税制 ってどんな制度なのだろう?」
中小企業経営強化税制 は自分の会社も対象になる?」
即時償却 ってどういうこと?」

この記事では、太陽光発電を導入しようとしている中小企業の方に向けて、
令和3年(2021年)時点での中小企業経営強化税制について解説します。

期日に関する誤解」も多いので、この記事を参考に余裕をもって準備を進めましょう

続きを読む

【2021年最新】 自家消費型太陽光発電の4つのメリットと事例

自家消費型太陽光発電とは?

※2021年4月13日:2021年の最新情報に更新しました。

2020年10月に菅総理大臣が「温室ガス2050年までにゼロにする」
「2050年 カーボンニュートラル 宣言」を所信表明で宣言。
昨年後半からさらに、再生可能エネルギーが注目され始めました。

参考:菅首相「温室ガス2050年までにゼロ」…初の所信表明「グリーン社会」に意欲

再生可能エネルギーを導入し、省エネやCO2削減を考える際に最も主流な手段のひとつが
自家消費型太陽光発電」です。

「自家消費型太陽光ってどんなしくみ?」
「そもそも節電以外の具体的なメリットは?」
「再エネ導入は今の時代、企業にどんなメリットがあるの?」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

このページでは、最新の動向を交えた情報をもとに、
自家消費型太陽光発電 を基本から、誰にでも理解できるように分かりやすく解説して行きます。

御社の省エネ施策のご検討にお役立てください。

続きを読む

【SDGs/RE100】「CO2削減」が「企業収益」に直結する時代へ

「企業は環境問題に取り組まなければいけない」
ということは皆さんご認識されているとは思いますが、

SDGs」は何となく耳にしたことがあるけれど
RE100」「RE Acrion」「J-クレジット制度」など
まだあまり聞きなれない制度もあるのではないでしょうか?

さまざまな環境問題が問題となっている中、
世界的にも CO2削減低炭素社会(脱炭素社会)への動きが高まっています。

実は近年では日本国内でも「企業イメージの良化」だけでなく
「企業の利益に直結する」ようになってきています。

1.大手企業との取引競争における企業競争力になる。
2.削減したCO2量を販売して収益にすることができる。

といった「企業にとっての具体的なメリット」が出るように近年変化しています。

それではその背景から、順を追って解説して行きます。

続きを読む

【2020年最新】LPガス発電機とは?BCPや省エネで注目される理由

 

自然災害が頻発している中、停電時の非常用電源が注目されています。

非常用電源といえば蓄電池などが真っ先に頭に浮かびますが、
近年「LPガス発電機」が、BCP対策 や省エネの観点から注目を集めています。

「いまさらガス?」
というイメージもあるLPガスですが、実は「災害に強い」特徴から
近年、再評価され始めています

「LPガス発電機って具体的にどういいの?」
「どんなことができるの?」
「コストとしてはどうなの?」
「どうやって省エネに繋げるの?」

この記事では、そのような疑問にお応えすべく、わかりやすく解説していきます。

ぜひ御社の省エネにお役立てください。

続きを読む