省エネの教科書とは

省エネと法制度

【2021年最新】企業の「脱炭素/CO2削減」方法14選

2020年10月の菅総理による「2050年カーボンニュートラル宣言」から、
2021年5月には「改正温対法」が成立するなど、
日本国内でも「脱炭素」を企業に求める流れが急加速しています

SDGs」や「RE100」等、
CO2削減/脱炭素」は以前から国際社会においては重要視されていましたが

「日本はまだそこまで関係ないだろう」
「中小企業にはまだ影響はないだろう」

と考えていた方も多かったのではないでしょうか?

いよいよ他人ごとでは無くなってきた「企業のCO2削減」

「具体的に何をすればいいのか分からない」
「お金をかけずにやれる方法はないの?」

そのように迷われている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな企業のCO2削減方法について、具体的な方法14選をご紹介します。
ぜひ御社の脱炭素施策にお役立てください。

続きを読む

【令和3年版】中小企業経営強化税制による太陽光発電の優遇措置を解説

※2021年4月23日:2021年の最新情報に更新しました。

太陽光発電の導入によって得られる支援政策の1つに、中小企業経営強化税制 が挙げられます。

企業の省エネや BCP対策 に大きく貢献する制度ですが、
中にはこの制度を正しく理解できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「そもそも 中小企業経営強化税制 ってどんな制度なのだろう?」
中小企業経営強化税制 は自分の会社も対象になる?」
即時償却 ってどういうこと?」

この記事では、太陽光発電を導入しようとしている中小企業の方に向けて、
令和3年(2021年)時点での中小企業経営強化税制について解説します。

期日に関する誤解」も多いので、この記事を参考に余裕をもって準備を進めましょう

続きを読む

【SDGs/RE100】「CO2削減」が「企業収益」に直結する時代へ

「企業は環境問題に取り組まなければいけない」
ということは皆さんご認識されているとは思いますが、

SDGs」は何となく耳にしたことがあるけれど
RE100」「RE Acrion」「J-クレジット制度」など
まだあまり聞きなれない制度もあるのではないでしょうか?

さまざまな環境問題が問題となっている中、
世界的にも CO2削減低炭素社会(脱炭素社会)への動きが高まっています。

実は近年では日本国内でも「企業イメージの良化」だけでなく
「企業の利益に直結する」ようになってきています。

1.大手企業との取引競争における企業競争力になる。
2.削減したCO2量を販売して収益にすることができる。

といった「企業にとっての具体的なメリット」が出るように近年変化しています。

それではその背景から、順を追って解説して行きます。

続きを読む

【令和2年版】「GHP」や「LPガス発電機」に使える補助金

 

2020年も夏に差し掛かりましたが、
今年も熊本や岐阜、広島等で集中豪雨による甚大な被害が多発しています。

台風や豪雨による被害は2018年から毎年頻発しており、
近年は特に災害に対する BCP対策 への注目が集まっています。

その中で近年では、LPガス を非常用電源やGHP(ガスヒートポンプ)に
活用する手法が注目されています

省エネや BCP対策 に効果的な LPガス ですが、
「導入コストが高い」点がデメリットです。

そこで今回の記事では、LPガス を使った非常用電源や、GHP(ガスヒートポンプ)導入に使える
補助金制度」について詳しく解説いたします。

LPガス を使って省エネや BCP対策 を行うことをご検討の際には、
ぜひこの情報をお役立てください。

続きを読む