省エネの教科書とは

即時償却

« Back to Glossary Index

その年に購入した設備の費用をその年にまとめて経費計上することです。

経費の金額が大きくなることで、法人税や所得税の節税になります。

通常は設備によっては消耗品とみなされ、耐用年数に応じて毎年少しずつ経費計上していきますが
この即時償却はまとめて計上することで導入した年にまとめて経費計上できます。

【関連記事】

【2020年3月最新】 自家消費型太陽光発電の5つのメリット

« Back to Glossary Index