省エネの教科書とは

カーボンニュートラル

« Back to Glossary Index

現在「温室効果ガス」をゼロにしようという取り組みが世界で行われていますが、
「排出量」をゼロにすることは現実的ではありません。

その為、排出量を抑えつつ、排出せざるを得なかったぶんについては同じ量を「吸収」することで、
差し引きゼロ(ニュートラル)を目指す取り組みが行われています。

これをカーボンニュートラルと呼びます。

【関連記事】

自家消費型太陽光発電の5つのメリット

« Back to Glossary Index